2011年04月15日

ディズニーランド再開!

満タン大家さんこんにちは。


東京ディズニーランドが再開したそうです。


自粛ムードから本格的な復興へ。


これで世の中の雰囲気が少し変わるとよいですね。


以下引用

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000532-san-soci

被災地へのミッキー慰問を検討「ハピネス届ける」 再開のTDL社長
産経新聞 4月15日(金)12時8分配信

東京ディズニーランドが運営再開し、開門と同時に大勢のファンが詰めかけた=15日午前、東京ディズニーランド(寺河内美奈撮影)(写真:産経新聞)
 東日本大震災発生直後から休園していた千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)が15日再開したことを受け、TDLを運営するオリエンタルランドの上西京一郎社長は、被災地へのディズニーキャラクター慰問を検討していることを明らかにした。

 TDL内で同日、記者会見した上西社長は「ハピネス(幸せ)を届けることが使命と考え再開した。従業員の雇用確保も理由」と述べたうえで、8月下旬までに5千キロワットの自家発電機3台を用意すると表明。

 「『再開してほしい』という声が背中を押してくれた。(入園者の)笑顔にほっとしている」としたうえで、「節電対策は続けるが、東京ディズニーシーも早急に再開する。(入場者動向など)今後は分からないが、増加していた震災前の状態を取り戻したい。入園料値上げに変更はない」と話した。

引用終わり




一方でパチンコ屋さんですが、


お隣の韓国では近年有害娯楽として


禁止されているそうです。


こちらは韓国の取り組みを見習いたいものです。


がんばろう日本!


ラベル:復興 地震
posted by 満タン大家 at 12:36| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

家庭用蓄電池が流行の兆し!

満タン大家さんこんにちは。


電力供給が不安定な状況の中、


家庭用蓄電池が流行しそうな気配です。


以下引用


http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110414/biz11041422110042-n1.htm

家庭用蓄電池、相次ぎ前倒し投入 家電大手、夏の電力不足見据え
2011.4.14 22:09
 東芝やパナソニックなど家電大手が、家庭用蓄電池の販売前倒しに乗り出す。東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所の事故により、今夏は首都圏を中心に電力不足が予想されることから、夜間などの余剰電力を蓄え、昼間の節電をはかる家庭の需要を取り込む考えだ。

 東芝は平成24年に予定していた家庭用蓄電池の発売を今年6月に繰り上げる方針。夏場に予想される電力不足を踏まえ「早めに対応する必要がある」と判断した。蓄電能力が1時間当たり1〜5キロワットの3種類で持ち運びが可能。付属のコンセントに家電をつないで使用する。価格は1キロワットのもので40万〜50万円程度を見込む。

 また、パナソニックも今年度中を目指していた家庭用蓄電池の発売を前倒しする検討に入った。子会社の三洋電機も家庭用蓄電システムの開発を進めており、同社では「震災以降、蓄電池について自治体などからの問い合わせが確実に増えている」と話す。

 このほか、大和ハウスやシャープなどが出資するエリーパワー(東京都品川区)は、業務用に昨年9月からリース販売している蓄電池(蓄電能力1時間当たり2キロワット)を、今年秋以降、家庭向けに販売する考えだ。1台100万円台後半を想定する。

 各社が開発中の蓄電池は、電気自動車にも利用される高容量のリチウムイオン電池を組み込み、太陽光発電や電力消費の少ない夜間などの余剰電力を蓄える。経済産業省では「蓄電池の需要は家庭用も含めて今後伸びる」(情報通信機器課)とみており、補助金など具体的な支援策も検討する方針だ。


引用終わり


太陽光もそうですが、


こういうクリーンエネルギーは


政府がどんどん補助金をつけて


普及させてもらいたいものです。


電力需要を恒常的に3〜4割カットできれば


原発からオサラバできます。


これからはエコで世界を牽引してゆきましょう。


日本人が本気で取り組めば必ず出来ると私は思います。


白人の有色人種支配の歴史を終わらせた、


輝かしい歴史を持つ日本。


卑屈になる必要なんて全くありません。


次の時代も必ず私たちが世界をリードします。


がんばろう日本!

posted by 満タン大家 at 23:30| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家

満タン大家さんこんにちは


今日読売新聞に衝撃的なニュースが掲載されていました。



「震源域東側でM8級、早ければ1か月内」


以下引用


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110414-OYT1T00112.htm


東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。


 日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。

 M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。

 京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。

(2011年4月14日03時15分 読売新聞)


引用終わり



地震、津波にはしばらく最大級の警戒が必要ではないでしょうか。



建物や家具の耐震化など急務と思います。



避難経路なども再度おさらいしておきたいですね。



がんばろう日本!



posted by 満タン大家 at 19:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。