2014年02月18日

日本政策金融公庫〜追加融資について

太陽光発電の融資をしてくれた

日本政策金融公庫船橋支店の担当者さまに

つい先ほど太陽光発電2区画目の融資について

お伺いさせていただきました。

基本的に2区画目への融資については乗り気ではないようです。

それでも、半分くらい自己資金を入れてくれたら・・・

とのことでした。

1000万円ほど自己資金が必要になりますが、

逆に1000万円入れれば900万円分は公庫の低利融資を受けられると言うことになります。

ところで昨日のブログで

「金利上昇がなければ」

と記載しましたが、全て固定金利でした。

私の融資は

1300万円⇒有担保融資

600万円⇒無担保融資

の2本立てなのですが、後者を変動金利と勘違いしてました。

ブログコメントでご指摘くださいました田中寿さま、

ありがとうございました。









posted by 満タン大家 at 12:42| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

太陽光発電に対する政策金融公庫融資について(補足)

昨日太陽光発電の融資について触れましたが、

一つ言い忘れたことがありした。

融資期間は15年です。

毎月のキャッシュフローは5万円と大したことありませんが、

融資期間が短いのでその分債務の返済は進みます。

金利の上昇がなければ(←×固定金利です)

10年後残債は700万円ほどになっているはずです。

一方、毎月のキャッシュフローから毎月4万円ずつ積立てファンドに回して

5%で運用出来たとすると

10年後630万円になります。

これを繰り上げ返済に充てると残債が70万円となり、

債務がほぼ解消します。

11年目以降は毎月15〜16万円が手元に残ることになります。

あくまで見込みの話ではあるのですが、

政府の買い上げ保証もありますので、

新築アパートに比べて不確定要素が少ないのも事実です。

ご参考まで。









posted by 満タン大家 at 23:03| 愛知 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

太陽光発電の買い取り明細(第1回目)

昨年仕込んだ49.5kw太陽光発電から
第1回目の売電収入がありました。

結果は次の通りです。

1/16〜2/9(25日間) 
3919kwh
148,138円
(買い取り単価は37.8円/kwh)

冬場なので、想定より少なめですが、
まずまずの数字。

投資額は1900万円

資金は日本政策金融公庫から
調達しました。

1300万円(有担保)1.0%
600万円(無担保)2.05%

CFは月5万円弱

設置場所は千葉県旭市です。

ご参考まで。




posted by 満タン大家 at 15:00| 愛知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。