2014年02月21日

悪質な滞納者への対処法A

大丸1︎水道ストップ作戦

通常大家が勝手に水道を止めることはできませんが、

このアパートは個別メーターでなく、大家が一括して契約し

水道代を請求しています

あくまでアパートの設備なので、大家の判断でいつでも止められます。

実際にこれをやっている大家さんがいると聞いて、

これは!と思いましたが、、、

ある方から裁判沙汰になったら負けるので

絶対にやめろと言われ、あえなく断念。

生活権の侵害に当たるからとのことですが、

実家が近くにある19歳のガキンチョに

生活権とかふざけるなという話です。

仕事もせずに彼女と同棲など10年早い!

さっさと実家に帰れよ。

ブツブツ。


大丸1︎玄関封鎖作戦

これは地元のある管理会社さんから聞いた話です。

特殊な鍵を使って玄関ドアを外から封鎖。

「連絡ください」と張り紙しておく。

するとさすがに滞納者から連絡が入るので、

そこで退去の話をする、、、。

建前は「入居者の安全確保、財産保全のため」

特に連絡がつかない滞納者には有効とのことでした。

これこそグレーな部分がある対応ですが、

一応建前はあるし、実際この方法で成果を出しているとのこと。

ただし、一棟の管理を全部その会社に移管するのが前提でした。

さすがに繁忙期の直前に管理会社を変更するのはリスクがあります。


これはもうこの部屋限定で対応してもらえる会社さんにお願いするしかないか、、、

ということで今回初めて家賃回収専門の会社さんに相談することにしました。

結論から言うとこの判断は大正解でした。


(つづく)





posted by 満タン大家 at 08:56| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389312895

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。