2013年08月12日

IKEA家具付アパート進捗&長期空室を招いた意外な落とし穴

●伊勢崎IKEA家具付アパートの進捗

先日お伝えした伊勢崎のIKEA家具付アパートですが、

残りの1室も入居の申し込みを頂ました。

ほかにも1組検討いただいている方がいるそうです。

家具付きアパート計画を立ち上げて1ヶ月ちょっと。

6ヶ月、4ヶ月空室だった2部屋があっと言う間に満室に。

実際のところ、もう少しかかると思っていたのですが、うれしい誤算です。

しかも空室期間中、トリプルゼロ+引越祝金3万円の大盤振る舞いを押していたのですが、

今回の2部屋は敷1礼0で仲介手数料は入居者負担です。

●4拍子そろった物件なのに・・・

今回長期の空室が出た伊勢崎アパート

こちらの管理会社さんのページをご覧いただければ

お分かりいただけると思いますが、

http://largenavi.blogspot.jp/2011/04/blog-post_10.html

「築浅」「メゾネット」「ペット可」「メルヘン調(!)」

と4拍子そろってます。

野球で言えば、ちょっと例えが古いですが打って守れて走れてマスクもいい

阪急→巨人の蓑田選手や西鉄→クラウン→阪神の真弓選手のようなアパートと自負しておりました。

それがこのたびまさかの大スランプ。

トリプルゼロ+引越祝金出しても全く決まらない。。。

一方ネットのアクセス数はダントツトップ。

内見も管理会社さんが見ている物件の中でもっとも多かったそうです。

●どうして長期空室になったか

一方管理会社さんからはこんなお話をいただきました。

「内見のお客さんが皆『狭い』と言って断ります」

「1Fに置いたモデルルーム用のカーペットとテーブルが狭さを感じさせる要因では?」

実は今年の1月に空室のひとつをモデルルームにしたのですが、それがかえってマイナスの印象を

与えているというのです。

そして「1Fはリビングルームではなくダイニングとしてアピールしましょう」

というアドバイスもいただきました。

確かに空室が長期化し始めたのと、モデルルームを設置のはちょうど時期が重なります。

●実は難しいメゾネットの集客

そこからIKEA家具を導入するという今回の企画が生まれたわけなのですが、

ある客付け業者さんからはこんなお話を聞きました。

「メゾネットは使い方をイメージしにくいのか、案外客付けに苦労するケースが多いんですよ。

最初からメゾネットを探しているお客さんは別ですが、それも少数です」

また管理会社さんからは、「入居中の部屋を見ると1Fは物置か通路として使われていて

有効活用されていないケースが多い。」

「それだけにメゾネットの使い方をイメージしてもらえるようにすれば客付けにも有効なはず」

というお話も伺いました。

今回管理会社さんの貴重なアドバイスがきっかけで、結果を出せたのですが、

日々何百の部屋の管理をしている管理会社様のアドバイスは本当に貴重だとつくづく思いました。

又メゾネットは意外と苦戦することもありますのでメゾネットアパートの購入をお考えの方は

少し気に留めていただければと思います。





















posted by 満タン大家 at 16:39| 愛知 | Comment(1) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
ブログ楽しく拝見させていただきました。
この8月に収益物件を初めて購入し、不動産経営を学びたくネットでこちらにたどり着きました。
大家塾名古屋にもできれば参加してみたいです。
ご紹介いただければ幸いです。
今後もブログにて勉強させていただきます
Posted by hide at 2013年08月18日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371820194

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。