2012年11月18日

マレーシア不動産投資に黄信号

7月に私もマレーシアでコンドミニアムを見てきました。

某世界的金融機関の融資担当者いわく

「コンドミニアムは供給過剰になりつつある」

「プレビルドで買えば完成時に高値で売れるとは思うが、本当は土地付がよい(市内では今はほとんど出ない)」

という見解でした。

それがここにきて、何人もの投資家の方から

「シナのバブルが弾けると人民元が入っているマレーシアも危ない」

「販売されているコンドミニアムの家賃では現地の人は手が届かない」

「外国人駐在員が逃げたら入居がつかない」

などと否定的なコメントが増えてきました。

たしかに国内のネットなどでも一般向けにマレーシアコンドミニアムの

CMが流れていますが、、、

売主が投資家から一般消費者にターゲットを広げた時点で

投資先としてはひとつの曲がり角に来ているかもしれません。

先日セミナーでお会いしたある方は

「マレーシア不動産投資は投資でなく「投機」になってきている」

とおっしゃっていました。

数年先に移住予定があるなど、自己使用を念頭に考えている方は

別かもしれませんが、それでも不動産価値が下がれば大変な含み損を抱えてしまいます。

キャッシュに相当余裕がある方以外は慎重になった方がよいかもしれませんね。









posted by 満タン大家 at 16:49| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本政策金融公庫のデメリット

久々の更新となってしまい申し訳ありません。

新柏の案件を検討していましたが、

日本政策金融公庫は基本的に融資期間10年まで。

金利が低くてもキャッシュフローが出ません。

政策金融公庫を利用するとしたら


・郊外の高利回り

 かつ

・土地値がある程度出る物件

でしょうかね。

もしくは高利回りの格安ボロ物件を現金買いして

リフォーム資金を融資してもらう。

結局こんな結論に行き着くのではないでしょうか。

●日本政策金融公庫
http://www.jfc.go.jp/

北柏は断念しますが、

今後も物件購入の可能性を探ってゆきたいと思います。





posted by 満タン大家 at 15:53| 愛知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

新柏アパート〜融資可能性あるのは日本政策金融公庫のみ

少し前にお話した新柏のほぼ土地値5300万円のアパートですが、

千葉興行銀行さんで検討していただいたのですがNG

残るは日本政策金融公庫のみとなりました。



しかし、政策金融公庫さんの場合、せいぜい4500万円ほどしか借りられないとのお話。

諸費用込みで手出し1000万円は覚悟しないといけません。

物件を増やしたいと思う反面、

手持ち資金を減らしたくないという思いもあり、
(勝手ですね・・・^^:)

今回は見送ろうかと思っています。



愛川町のアパートの件も片付いていませんし、

ちょっと調整を入れる局面かもしれません。

前にも書いたように政権交代で景気反転を見込むと

今が仕込み時とも言えるのですけどね。

住宅ローンで中古の賃貸併用住宅は面白いかもしれません。

ただしこれはタマが少ないですよね〜。

Y銀行さんだと自己使用部分が少なくてOK。かつ金利もスルガさんほど高くないのでオススメですが・・・。



先日購入したデトロイトの戸建でも見てこようかな。

交通費と滞在費は当然経費で申告します^^



週末東京でモンゴル不動産投資のお話を聞いてきます。

これはかなりレアなネタなので楽しみです。



今日は取り留めのない内容ですいません・・・。























posted by 満タン大家 at 19:10| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。