2012年07月07日

名古屋大家塾で融資の勉強。質の高さにびっくり!

今日は名古屋大家塾の勉強会に初めて参加させていただきました。

今日のテーマは融資。


大家塾のHさま、Tさま

某銀行Xさま(個人として参加)

日本政策金融公庫さま


それぞれ大変貴重なお話を伺いました。

この場を借りまして、心より御礼申し上げます。


差し障りのない程度に・・・手元のメモから

●Hさま

絶対銀行が損しないと判断して初めて融資がおりる

CFが残る物件と融資がつく物件は同じではない

銀行によって融資基準、融資内容が異なる→必要な利回りも異なる。

目標CFは1億円借り入れで250万円〜400万円

(感想)

私がスルガ銀行で借りてる物件のCFは基準に達してません・・・金利交渉は必須。


●Tさま

借りやすい決算書の基本は黒字決算 

加えて税引き前利益+減価償却費>元本返済分

物件購入年度も黒字にするには、購入経費をできるだけ資産に計上

法人は額は小さくても必ず黒字決算にしておく

(感想)

税理士さんにこちらからアプローチして、銀行の担当者が納得する決算書を作成する。

目からウロコです。


●某銀行様

CFは利益+減価償却費で判断

30年で返済する能力のある物件か?

実質純財産がプラスに保てるか

担当者へのアピールは必須 

反社会的勢力には融資NG (メモ)M主党?(笑)

一度他行に借り換えをした方への融資は・・・厳しいです!

(感想)

銀行融資担当の生の声は大変参考になりました。永い取引を考えるなら

借り換えは慎重に、ですね。


●日本政策金融公庫様

・収益物件融資の上限は4800万円

・建物の評価は厳しい(50%評価)

・自己資金は30%は入れて欲しい

・環境・エネルギー対策資金 当初2年間の適用金利 0.65%〜

(感想)

政策金融公庫さんは収益物件への融資は実際は厳しい。現実的には築古のリフォーム資金

の融資かな。


最後に塾長のIさん。事前の周到な準備に加え、完璧なコ−ディネート。

素晴らしい方です。


初参加の方と何人かお話させていただきましたが、

みなさん感激されていました。

私も同感。感謝感謝。

そして勉強会の質の高さにびっくりです。


今後ともよろしくお願いいたします。

ちなみに・・・

名古屋大家塾に参加してみたい方がいらっしゃいましたら

塾長さんに紹介させていただきますので

ブログのメールなどでご連絡ください〜。


以上、取り急ぎ。











posted by 満タン大家 at 22:26| 愛知 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。