2012年07月05日

TAPAS BAR EDUPA(名古屋市東区)

珍しく帰りがけにスペインバーに寄ってみた。


正確にはタパスバーというコンセプトで、、、



2012_07_05_20_48_53.jpg



なんと!


400円でアルコールにタパスが付いてくる。


早速ハイボールにミックスパエリアを頼むと


可愛いサイズの小皿に入ったパエリアと


ちょい小さめのハイボールが出てきた。
2012_07_05_20_51_58.jpg


味もこの値段なら文句の付けようもない。


タパスが不要の場合は、アルコールを多めにしてくれる。


ちょっと気分転換したいとき


お勧めのお店だ。


ちなみにチップ制を導入しているので


特にサービスに不満がなければ100円余計に払ってあげよう(^_^)

2012_07_05_20_49_58.jpg


場所は東区東桜2ー15ー28


開店して日が浅いのでまだOLにも気付かれていない。


オジサンの一人飲みもOKだ。



ラベル:観光 旅行 激安
posted by 満タン大家 at 21:26| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地盤改良の新技術!

残土が出ず、従来よりも安価な地盤改良技術があるそうです。

ご紹介します。

以下引用

http://www.kashikoi-ooya.com/2012/07/post_1156/

かしこい大家さん こんにちは

私が顧問しております

株式会社ジオテクノジャパンでは

このたび 新しい

戸建て住宅用(アパートも可)杭状地盤補強工法

ピュアパイル工法を御紹介しております。


この工法の最大の特徴は

セメントミルクを地中でそのまま 杭状の固化させるため

地盤種別によらず

高品質で  高支持力を発揮する

安心確実の戸建住宅用の杭状地盤補強工法です。



大雑把に説明しますと

先端に円錐形掘削ヘッドを装着した

外径216mmの掘削ロッドを回転させながら

支持深度まで掘進した後

セメントミルクを吐出しながら

掘削ロッドを地上まで引き上げ

セメントミルクを置換充填して

施工を完了します。




そして 最大のポイントであります

円錐型掘削ヘッドを採用することにより

掘削土塊混入のリスクをなくしました。

また、

腐食残土地盤にも対応できますし

残土が発生いたしません。




残土処分費用がなくなることは

これだけで  他種工法と比べ

5万から10万円の違いがでてくるわけです。

これから 建築予定の読者様には

是非 地盤改良において

ピュアパイル工法をお勧めしたいと思います。
引用終わり


ジオテクノジャパンさんは4月に地質調査でお世話になりましたが、

たいへん信頼できる会社さんです。

関東の施工ならこちらの会社さんにお願いすれば間違いないと思います。


他の地方の方も、この工法を施工会社さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ここで10万円コスト削減できたら

工務店さんにその半分5万円分

(差し入れなどで)

気持ちをお伝えすれば

工事もよりスムーズに進むのではないでしょうか。








posted by 満タン大家 at 08:14| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。