2012年06月07日

IFA移管に1ヶ月半かかりましたが・・・

フレンズ社のファンドラップをやっているのですが、


このたびIFAを変更することにしました。


4月16日に申し込みをして、、、


6月に入ってようやく移管完了。


代理店の方は親切、丁寧に対応してくださったのですが、


フレンズ社の対応がいささか誠実を欠いているようです。


これからファンドラップをはじめられる方は


フレンズよりも大手の会社がありますので


そちらの会社にされた方が良いかもしれません。


ともあれ一時はどうなるかと思いましたが、


最終的に無事移管できてよかったです。


前のIFAは体制が大幅に変わってしまい、


かなり心配な状況だったので。


手数料も取らずに、対応してくださった


香港の代理店の社長さんはじめ、


関係者の皆さまに感謝、感謝です。

posted by 満タン大家 at 20:11| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホ向け無料「減災」アプリのご紹介

積水化学工業様が

スマホ向け無料「減災」アプリをリリースされましたのでご紹介させていただきます。

以下引用

http://www.sekisuiheim.com/info/press/20120605.html

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(プレジデント:高下貞二)は、ご家庭の減災のためのスマートフォン・アプリケーション『あんしん備忘録』を無償でご提供します。提供の範囲は一般のスマートフォンユーザーとなります。

当社では、大容量の太陽光発電システム(以下PV)、コンサルティング型ホームエネルギーマネジメントシステム(以下HEMS)「スマートハイム・ナビ」、定置型大容量リチウムイオン蓄電池「e-Pocket(イーポケット)」の3点を搭載した、『進・スマートハイム』を今年4月に全国(北海道・沖縄および一部積雪地域を除く)で発売。地球環境への優しさ、快適性、経済性などのほか、災害時の安心・安全を提供している点でも高い評価をいただいています。

今回開発した『あんしん備忘録』は、関西大学社会安全学部長・教授で「地震対策完全マニュアル」の著者である河田惠昭氏の監修をいただき、もしもの場合の被害を最小限に食い止める減災の発想から、防災意識を高めていただくことを目的に開発しました。住まいを提供する企業として、一般のスマートフォンユーザーにもアプリを提供することで、社会的責任を果たす狙いがあります。

アプリケーションの内容は、@災害に備える「住まい」「防災グッズ」「食糧」の3つの観点から必要な備えができているかをチェック。A地震が起きた時に備える「もしもシミュレーション」などで構成。アプリをご利用いただくことで、日頃からの災害に対する準備や対策の呼びかけや、いざという時に住設備を充分に活かしていただけるようなサポートを実施します。さらに、セキスイハイムご入居者に対しては、非常時の太陽光発電の利用方法やメンテナンスに関する情報を提供し、お客様満足度の向上を図ることを目的としています。


引用終わり

「もしもシミュレーション」はなかなか面白そうですね。

私も早速ダウンロードしてみたいと思います。

【アプリダウンロードURL】https://play.google.com/store

ご参考まで。
posted by 満タン大家 at 12:41| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

屋内の風通しを良くしてエコに役立つドア

リクシルさんからこんな商品が出たそうです。

以下引用

http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2012/030_tile_0601_01.html

住宅設備機器・建材の総合メーカーである株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、トステムブランドから販売している内装建材「ウッディーライン」シリーズに、自然の風を室内に行き渡らせる『通風建具』(ルーバードア/引戸)を新たにラインアップし6月から全国で発売します。

nr0601_01_01.jpg

【写真の仕様と価格】

内装建材「ウッディーライン」シリーズ『通風建具』
ルーバードア標準ドア

型番:WBTH-AL1-0720 R-W
カラー:クリエホワイト
サイズ:枠外幅(W)780mm×枠外高さ(H)2023mm
価格:200,000円(税込:210,000円)
※:組立代、取付費、運賃は含みません

昨今の更なる省エネ志向の高まりから、家庭のエネルギーを管理する"スマートハウス"への注目とあわせ、自然の風や光を有効活用し、エネルギー使用量を抑える"パッシブデザイン※1"を採用した住宅が注目を集めています。LIXILでは、家の中に風の通り道をつくり空気を循環させることで暑さや湿気を家の中にとどめないようにする"通風"に注目し、節電に役立つ商品として『通風建具』(ルーバードア/引戸)を開発しました。

※1:自然の光や風など自然の力をできるだけ生かして、暮らしを快適にする考え方と方法。

家全体に風を通す場合は、ただ窓を開けるだけでなく各部屋の室内ドアや引戸を開けて風通しを良くすることが重要です。しかし室内ドアや引戸を開け放しておくと、来客時など、プライバシーが保てなくなる不便さがありました。

そこで今回発売する『通風建具』は、障子の部分を開閉できる羽根状の"ルーバー"とし、ドアや引戸を閉めた状態でもルーバーだけを開けることで、プライバシーを保ちながら風の通り道を確保できるようにしています。さらに、ルーバーの羽根部分にアルミを採用して反りやたわみを防ぎ、耐久性を向上させました。またルーバー部分の動きを固定する「チャイルドロック機能」を搭載。ルーバー間に指を入れて引戸を開け閉めした際の指はさみ事故等を起こりにくくする、"安心安全"に配慮した仕様になっています。


引用終わり。

アパートでも廊下やキッチンとリビングの間にあるドアに

これを使うと良いかもしれません。

いろんなところで「エコ商品」が使われるようになってきましたね。

LED照明を使っているコンビになども増えてきました。

アパートの差別化に使える商品も多いと思いますので、

これからもできるだけ情報収集してゆきたいと思います。



posted by 満タン大家 at 08:57| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。