2012年05月31日

マレーシア不動産投資について(5)売却か賃貸か

コンドミニアムが完成した際、売却してしまうか、賃貸に出すかいう話ですが、


売却すれば売却益に税金がかかります。


そこで売却をせずに金融機関に資産の再査定をしてもらい、


リファイナンスしてもらうという方法があります。


たとえば当初1500万円の融資をリファイナンスで1800万円融資してもらうと


300万円分手元残ることになります。


仮に購入時の頭金が300万円だったとすると、


この時点でイニシャル0の投資になります。


しかも融資はノンリコースですから仮にデフォルトしても


所有権を手放せばよいわけです。


(つづく)



posted by 満タン大家 at 13:34| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシア不動産投資について(4)立地について他

投資するコンドミニアムを探す場合、

どのような立地を探せばよいのか。

クアラルンプールで探すのであれば、インターッチェンジの近くがオススメだそうです。

交通渋滞の激しいクアラルンプール。

高速道路は快適な日常の交通手段として欠かせません。

あとは日本人学校など日本人が住みやすい環境が整っていること。

日本人にとって住みやすい環境は他の外国人にとっても住みやすいといえます。


ところで今回伺ったのは

建設計画の段階で購入申し込みをし、

完成まで2〜3年かかるというプランですが、

完成時に売却してしまうと売却益に対して税金がかかります。

私もその点が気になっていたのですが、

これについては対策があるそうです。

これも日本ではなかなかお目にかかれないやり方です。

(つづく)

posted by 満タン大家 at 08:50| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。