2012年05月25日

スルガ銀行住宅ローン活用法〜最新情報B

昨日の続きです。


住宅ローンを活用する意味。


それは固定金利で融資してもらえるということです。


将来金利が上昇する可能性を踏まえ、対策を考えると、


どうしても固定金利が有利です。


こちらのブログもご参照ください。


http://www.kashikoi-ooya.com/2012/05/post_1100/


こちらのブログの方は不動産で既に成功を収めていらっしゃる方ですから


銀行と金利交渉もできますが・・・


一般の不動産投資家の場合、なかなかハードルが高いのも事実です。


しかし最初から固定金利で融資してもらえば、


その点においては憂いがなくなりますね^^


でも住宅ローンの場合、一度融資してもらうと


完済までそこに住まなくてはならないのでしょうか。


(つづく)


posted by 満タン大家 at 08:50| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

スルガ銀行住宅ローン活用法〜最新情報A

昨日のつづきです。



先月スルガ銀行の決済の際、このように聞いてみました。



「スルガ銀行さんは住宅ローンで賃貸併用住宅を作るとき、



自己居住三分の一でいいんですよね。私もいつか取り組みたいです。」



するとご担当者さまからこのようなお返事が返ってきました。



「三分の一という明文化された規定はないのですが、そこは柔軟に



やらせて頂いています。まあ、はっきり言ってなんでもありですね。」



もちろん、属性や物件の担保力等によるとは思いますが、



思った以上に前向きのご回答でした。



これから自宅の建設をお考えの方は一度賃貸併用住宅と



スルガ銀行活用をご検討されてはいかがでしょうか。



ちなみにこのスキームの活用についてはもうひとつメリットが
ります。



(つづく)



posted by 満タン大家 at 08:40| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

スルガ銀行住宅ローン活用法〜最新情報@

もったいぶってアップしなかった


スルガ銀行住宅ローンの活用法です(笑)


スルガ銀行の住宅ローンは、賃貸併用住宅を建設する際に威力を発揮します。


一般の住宅ローンでは


床面積の50%以上を自己使用しないと住宅ローンが認められないか、


もしくは賃貸併用住宅に積極的に融資しないケースもあるのですが、


なんと!


スルガ銀行さんでは1/3以上でOKなのです。


たとえば3階建ての箱型のマンションを建設して、


ある階を自己使用すれば、他の階を賃貸に回せます。


こんなことが住宅ローンでできてしまいます。


先月愛川町アパートの決済の際、それとなくスルガ銀行さんに確認を入れてみました。


その結果、次のような回答を頂きました。


(つづく)









posted by 満タン大家 at 09:01| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。