2012年04月12日

【速報】マレーシア不動産の購入が困難に?

満タン大家さん、こんにちは。

外国人がマレーシアの不動産を購入する際の

最低価格が引き上げられる可能性が出てきました。

以下引用

http://www.malaysia-navi.jp/news/120410080403.html

外国人が買える住宅不動産の最低価格を引き上げか 政府が検討、2倍の100万リンギに
2012/04/11 07:03 JST配信
【クアラルンプール】 首相府省経済企画局(EPU)は、外国人が購入できる住宅不動産の最低価格について現在の50万リンギから100万リンギに引き上げる方向で検討している模様だ。英字紙「ザ・スター」が伝えた。
政府筋は「中央銀行バンク・ネガラが不動産価格の抑制策を実施した後も価格は上昇しており、早めの対策が必要だ。現在の最低購入価格は現在の状況から判断すると低い」と述べた。米国のサブプライムローン問題のような不動産バブルを避ける必要性は以前より叫ばれており、ドナルド・リム副財務相も先ごろ厳格な対策が必要だと述べていた。
最低価格引き上げが不動産市場に冷水を浴びせることも懸念されるが、公式統計に基づくと最低価格を引き上げ後のマレーシアの不動産市場に及ぼす影響は2.4%(14億5,000万リンギ)程度とみられる。また別の情報筋は、ジョホール州の「イスカンダル・マレーシア」など経済回路地域では最低価格を80万リンギ程度にとどめる見込みだとしている。
「ザ・スター」紙の取材に対し不動産業界筋は、マレーシアの不動産を購入しているのは、韓国、日本、中国、シンガポール人などが多いと指摘。ある仲介業は、最低価格の引き上げにより日本人や韓国人による不動産購入が減少し、元々買わない傾向が強かった欧米人と共に賃貸する傾向が一層強まると分析した。中国人やシンガポール人は100万リンギ以上の不動産を購入する傾向があり、規制の影響は少ないとみられる。

(ザ・スター、4月10日)

引用終わり

ご参考まで!

posted by 満タン大家 at 09:22| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。