2012年04月20日

新築時の地盤調査はこうして進めようB〜依頼先の選定

満タン大家さん、こんにちは。


満タン読者の皆様が、これから地盤調査をお願いするとしたら


どちらの業者様に依頼しますか?


工務店でしょうか。工事会社でしょうか。


私は今回こちらの会社にお願いすることにしました。


●株式会社ジオテクノジャパン
http://www.geo-techno.co.jp/pc/free02.html


昨日お話した、この会社に依頼するメリット。


それはこの会社が地盤調査の専門会社であることです。


地盤調査を本業とされているため、


必要以上に地盤改良工事を勧められることはありません。


同社のホームページでもこのように説明されています。


以下引用


当社は地盤調査専門会社であり、過去の実績では他社に比べ、改良工事提案率も半分以下になっています。
万が一、改良工事が必要な場合は協力業者、数社より見積もりをお取り寄せ致します。


引用おわり


加えて


純粋に地盤調査の対価を請求いただくので、請求の水増しがない、ということです。


リフォームで分離発注の方がコストが安くつくのと同じように


新築の場合も必要な作業を大家さんが直接発注した方がそれぞれの作業のコストが明確になり、


結果として費用を抑えられると思います。


以上の観点から、私は調査会社さんへの直接発注をオススメします。


では実際の作業はどのように進むのでしょうか。


明日名古屋から千葉県我孫子市に移動して


直接調査現場を見学してきます。


どんな機材を使われるのか、


どのような手順で進められるのか、


興味津々です。


(つづく)











posted by 満タン大家 at 12:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

新築時の地盤調査はこうして進めようA〜工法の選択

満タン大家さん、こんにちは

アパートや戸建を建築予定の場合、
地盤調査には2つの方法があります。

・SWS(スウェーデンサウンディング)試験
・SDS(スクリュードライバーサウンディング)試験

SWSは従来からある工法でSDSは最近の工法。

SDSの方が費用がかかるのですが、(←青字部訂正〜費用:SDS>SWSです)
よりしっかり地盤の判定が出来るそうです。

今回も最初SWSで、ということだったのですが、
我孫子は先の震災で一部地域で液状化があったこともあり、

SDSで調査していただくことになりました。

土地によって元々地盤が固い場所などは
SWSでよいのかもしれません。

工法の比較をまとめたページがありましたのでご紹介させていただきます。
http://www.j-shield.co.jp/technology/01.htm

今回お願いするのはこちらの会社さんです。

●株式会社ジオテクノジャパン
http://www.geo-techno.co.jp/pc/free02.html

ちなみに今回この会社さんにお願いすることについては、
大きなメリットがあることに気がつきました。

そのメリットとは・・・

(つづく)












posted by 満タン大家 at 12:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

新築時の地盤調査はこうして進めよう@

満タン大家さん、こんにちは。


昨年の震災で液状化や地盤沈下の被害を受けた方もたくさんいらっしゃると思います。


被害を受けられた方には改めてお見舞い申し上げます。


私は現在3件ほど、アパート等の新築企画を抱えておりますが、


2月に購入した我孫子駅前の土地の近くに沼がありまして。


少々地盤を心配しております。


そこでまずは地盤調査をと思い、


この週末、無理を言って専門家の方に調査を行ってもらうことになりました。


私も始めての経験ですが、満タン読者の皆様で


はじめてという方も多いのではないでしょうか。


今週土曜日実施ですが、知識の共有の意味で、


順を追ってご報告させていただきたいと思います。


まず依頼する際、必要な書類ですが、下記4点となります。


・案内図

・区画

・公図

・予想配置図(ラフでかまわない)


震災以降調査以来が増えて予約もかなり込み合っているようです。


お急ぎの場合はお早目の連絡をオススメします。


(つづく)
posted by 満タン大家 at 13:13| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。